*水分補給のポイントと熱中症対策

こんにちは!

早いもので、今日で8月も終わりです。。

夏も終わりとはいえもうしばらく厳しい残暑が続くようですので、
前回からの流れで水分補給のポイントと熱中症対策をご紹介してみたいと思います♪

上手な水分補給のポイント

上手に水分補給するためには、こんなことがポイントになってきます。

◆喉の渇きにしたがう

人間の身体は、普通に過ごしていても1日に約2600mlもの水分が失われます。
喉が渇いたと感じるのは、すでに水分が不足しているというサイン。

喉が渇いたと感じたら、我慢せずにすぐに十分な水分を補給しましょう!

6af2205ce263f4e5736b665854fab8b4_t

オススメは、意識的に水を飲む習慣をつけておくこと!
1.5~2リットルを目安にするといいようです。

◆冷たいもの・甘いものを飲みすぎない

冷たい飲み物の摂りすぎは胃腸の働きを弱めてしまいますし、
糖分の多い甘い飲み物の飲みすぎは身体に必要な栄養素の吸収を邪魔してしまったり
食欲不振に陥り夏バテにも繋がってしまう可能性も。

1f3cc17bc7cce73cea554d9cff910bf0_t

糖分は体の疲労回復や脳の疲れをとるのに効果があるとされているので多少はOKですが、
摂りすぎにはご注意くださいね。

熱中症に負けない!

◆水分補給だけでなく塩分補給も!

大量に汗をかいて体内の塩分やミネラルが失われたところに
水分だけを補給することで、血液中の塩分やミネラル分の濃度が低くなり
熱中症の症状が出てしまうこともあります。

d46f659f395ecb9fccd971eb090035cc_t

熱中症が心配されるようなときには、塩分も一緒に補給することが大事。
手軽なところでは梅干しやスポーツドリンク、
最近では塩分を含む飴なども出ていますからオススメです♪

◆症状がでてしまったら・・・

救急車を待つ間の応急処置として、まずは涼しい場所に移動。
そして保冷剤や氷枕で、首筋、脇、足の付け根などを冷やしましょう。

d464a832809ba209ca0511bf1772bdca_t

うちわなどで扇いで少しでも身体の熱を逃がすことが大切です。
また、水分と塩分を同時にとれるスポーツドリンクなどを補給してくださいね。

 

夏の終わりは何だかさみしく感じてしまいますが、
秋は秋で様々な楽しみがありますよね!

ハッピーに秋を迎えるためにも!
皆さま、夏の終わりもぜひ健康にお過ごしくださいね♪

ぜひぜひ、ゴーバルの良質なお肉でスタミナを(*^-^*)♪

P026195496_480[1]

お問い合わせ・ご予約は各店舗にてお待ちしております☆